文字を書く事を始めてから・・・。

私は、文字を書く仕事を始めたから、表現や文字に関して好きになりました。なので、テレビ番組で「プレバド才能ランキング」の「俳句」のコーナーが好きになった。

知っている通り、「俳句」というのは、少ない文字が決まっているので、構成が「とても難しい。」と思った。その中で、勉強になったのは、「極月」という言葉が出てきた。

「極月」というのは、「12月」を意味するという事を初めて知った。私の中では、「12月」というものは、「師走」という文字しか知らなかったので、とても勉強になった。

また、「俳句」は17音というルールの中で、「俳句」を聞いた方に、その「俳句」の風景なども思い出させないといけないので、難しいと思いました。

それから私は、このような仕事をされている方にとっては、「当たり前の事」ですが、詩人のようにメモ帳を持ってヒントになる物をメモするようにしました。

その時に感じたことが、「私にとっては、決められた短い詩よりも多くの文字を書く方が苦手かも・・・。よく考えるとどちらも難しい事だなぁ。

もっと勉強しよう。」という事に気づきました。メモリッチの口コミ暴露!シワ・クマ・たるみ解消効果の真相は!?